Top > シャトレーゼアイスの賞味期限が短いわけ

シャトレーゼアイスの賞味期限が短いわけ

一般に市販されているアイスは、商品を長持ちさせるため安定剤や乳化剤を使っています。シャトレーゼでは、添加物を必要最小限に減らしてお客様に安心してお召し上がり頂けるよう、添加物と同じ働きをする食品を、自然の素材の中で見つけました。

例えば、安定剤の代わりに"寒天""こんにゃく粉""でん粉"、乳化剤の代わりに"乳たんぱく""卵黄"、着色料には天然の色素(くちなし、紅花等)といった食品素材を使用しています。そのため、従来の商品よりは溶けやすくデリケートになっていますので、賞味期限も短くなっています。

 

 幼稚園のバッグ  幼稚園の口コミ  幼稚園の補助金
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
シャトレーゼとは(2009年10月17日)
シャトレーゼアイスの賞味期限が短いわけ(2009年10月17日)
シャトレーゼのダブルシュークリーム(2009年10月17日)
シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳(2009年10月17日)